歴史英雄伝 北条義時 武士の世を開いた男

歴史英雄伝 北条義時 武士の世を開いた男

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

鎌倉幕府の執権政治を確立、武士支配の基礎を作る北条義時は源頼朝の妻・北条政子の弟で、鎌倉幕府第二代の執権。源頼朝の死後、朝廷と近かった実朝が暗殺され、1221年、後鳥羽上皇は承久の変を起こすが、義時が勝利し、上皇を隠岐に流して決着をつけた。明治維新まで続く武士の世を開いた義時の生涯。<伝記 小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート