発達の気になる子の「困った」を「できる」に変える ABAトレーニング

発達の気になる子の「困った」を「できる」に変える ABAトレーニング

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。本書は、家庭や園・学校で実践できる、ABA(応用行動分析)トレーニングをわかりやすく解説しました。「切りかえができない」「約束を守れない」「指示を出されてもうまくできない」など、日常生活での困ったシーンを取り上げ、具体的な言葉かけや接し方のポイントからトレーニング方法まで、イラストやマンガ入りで解説しています。●「その場しのぎの対応」にならないのがABA子どもが困った行動をとったとき、その行動を変えるために、「叱る」「我慢させる」「自覚を促す」などのように、子ども本人を変えようとする人も多いのではないでしょうか?ですが、その時はおさまっても、別のときにまた同じことを繰り返す…ということになりがちです。ABAでは、行動には必ず理由があると考えます。そこで、行動を起こすまでの状況などを見直し、子どもが「困った行動」を起こさなくても済むよう、環境を調整していきます。子ども本人を変えるのではなく、子どもを取り巻く環境(行動が起きる状況やきっかけなど)を変えることで、本人に無理をさせることなく、行動を変えていくのです。遠回りに思えるかもしれませんが、「なぜ、そのように行動するのか」を考えることが、対応法を考える上で大切です。●子どもに届く接し方や言葉かけも満載ABAを実践する際は、「いつ、どのように」子どもに伝えるのかも大切です。本書では、子どもの心にきちんと届く接し方や言葉かけについて、具体的に解説しています。●ケース別でよくわかる! トレーニングのやり方実際のABAトレーニングがイメージしやすいよう、本書では数多くの具体例とともに、実践方法を解説しました。「好きなものしか食べない」「やるべきことがあるのに切りかえができない」「夜、なかなか寝ない」といった生活の中での困りごとから、「約束を守れない」「思いどおりにならないとかんしゃくを起こす」「ルールが守れない」といった、園や学校生活など、周囲の人とのかかわり合いの中で生じる困りごとまで掲載。困りごとに対しての解決方法とともに、ABAを使ったトレーニング方法を掲載しているので、はじめて実践する人にもイメージしやすく、わかりやすくなっています。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

ナツメ社のおすすめ本

暮らし・健康・子育てのおすすめ本