血液のがんがわかる本 リンパ腫・白血病・多発性骨髄腫

血液のがんがわかる本 リンパ腫・白血病・多発性骨髄腫

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【ひと目でわかるイラスト図解】【どんな病気?どう治す?治療期間は?】血液のがんは、リンパ腫、白血病、多発性骨髄腫に大別されます。中高年に多くみられる病気です。社会の高齢化が進むにつれて、血液のがんにかかる人も増えています。新たに診断される人の数は、最も多いリンパ腫だけで1年間に3万6千人超、すべてあわせると6万人近くになります(2019年)。ちなみに、リンパ腫は「悪性リンパ腫」ともいわれますが、良性のリンパ腫というものはありません。それぞれ何種類ものタイプがあり、タイプによって特徴も治療の進め方も違ってきます。治療を急ぐべき場合がある一方で、無治療のまま様子をみていればよいもの、ふだんの暮らしのなかで服薬しながらコントロール可能なものもあります。血液のがんに対する治療は年々進歩しています。がん細胞に的を絞った治療薬も登場し、移植治療を受けずとも落ち着く例も増えています。本書では、血液そのものについての基礎知識をはじめ、病気のタイプ、それぞれの特徴と治療の進め方、治療中・治療後の過ごし方を徹底解説。血液のがんの患者さんが安心して治療を受けられるために役立つ一冊です。【本書の内容構成】第1章 「血液のがん」の基礎知識第2章 リンパ腫の特徴と治し方第3章 白血病の特徴と治し方第4章 多発性骨髄腫の特徴と治し方第5章 治療中、治療後の過ごし方※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

講談社のおすすめ本

医学・薬学のおすすめ本