前夫を忘れられないエルフを振り向かせるため、僕(人間)は不死身だと証明することにした 1-1話

前夫を忘れられないエルフを振り向かせるため、僕(人間)は不死身だと証明することにした 1-1話

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

「ごめんなさい。私より長生き出来ない人とは結婚できません」。異世界転移してきたイツキは、転生直後の自分を助けてくれたエルフ(管理人さん)に一目惚れし、果敢にも求婚するがあえなく玉砕してしまう。管理人さんには先立たれた夫(人間)がいて、その経験から自分より寿命が短い種族とは付き合わないと決めていたのだった。「見た目や性格の問題とかならやりようがある気がするんだけど…寿命なんて」。物理的に不可能な現実を突きつけられてもまだイツキはあきらめきれないのだった。そんなとき同じアパートで生活する住人から<不老の薬>がこの世界に存在していることを聞く。ただしその秘薬を作るには強力なモンスターを倒さなければ手に入らないことも教えられ、イツキには無理だと諭される。しかしイツキは「戦闘が出来るかはわかりません。けどやらせてください。自分がどこまで出来るか知りたいんです」そう宣言したのだった。かくして管理人さんとの結婚資格を手に入れるためのイツキの<不老の薬>制作の闘いが幕を開けるのだった…。

商品情報

シリーズ

全15冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

eBookJapan Plusのおすすめ本

少年マンガのおすすめ本