依存症がわかる本 防ぐ、回復を促すためにできること

依存症がわかる本 防ぐ、回復を促すためにできること

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【ひと目でわかるイラスト図解】依存症とはなにか、どうすればやめられるのか依存症は、違法薬物のみならず、アルコールや処方薬・市販薬などでも生じます。ギャンブル、ゲームなどの行為に依存が生じることもあります。なかでも、違法薬物に対する依存症は「犯罪」としての側面もあります。違法薬物の所持・使用で逮捕された著名人などに対する激しいバッシングがくり返される一方で、大麻による検挙数は、若年層を中心に増加し続けています。依存症そのものは、「ダメ、絶対」と言っているだけで防げるものではなく、回復を促すこともできません。依存症は「安心して人に依存できない病」。いやなこと、つらいことがあっても助けを求めず、お気に入りのものや行為だけでやり過ごそうとした結果、より困った状態に陥っていく、という面があります。特定のもの、行為にはまっていく背景には、心の問題が隠されていくことが多いのです。人はだれしも、なにかに頼ることなく、生きていくのは難しい。本書では、依存症の今を紹介しつつ、依存症とはなにか、なにが問題なのか、回復のために本人や周囲の人はどう対応していけばよいか、具体的に示していきます。また、子どもへの予防教育はどう進めるべきなのかも紹介。依存症予防と、依存症からの回復に役立つ一冊。【主なポイント】*「よい依存」が「悪い依存」に転じると依存症に近づいていく*依存が進むと脳の働き方が変化する*依存の対象は「もの」でも「行為」でも根っこは同じ*認められる、つながるうれしさがはまる入り口に*薬物依存症と犯罪の関係*再発は想定内。回復のしかたには波がある*治療・回復プログラムの進め方*突き放す前に家族ができること*予防教育の現状と、依存症を防ぐために教えたいこと【本書の内容構成】第1章 「依存症」とはなにか第2章 依存対象の特徴を知る第3章 回復に必要なこと第4章 まわりの人ができること第5章 「予防教育」を考える※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート