日本のカスタムナイフ年代記

日本のカスタムナイフ年代記

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。独自に発展を遂げた「日本のカスタムナイフ」のブームを牽引し、文化にまで昇華させた作家たちや有名ショップにスポットを当てて、キーパーソンたちの貴重な証言で詳細に歴史をなぞっていく。<プロローグ>写真でみる日本のカスタムナイフマスターピース第1章 ~カスタムナイフクロニクル~日本にカスタムナイフが登場した時代を貴重な証言で振り返る。第2章 ~銀座の刃物屋、昭和から令和の足跡を振り返る~日本を代表する刃物屋、銀座菊秀の井上武氏に、自らとお店の足跡を振り返ってもらい、日本の刃物文化そのものを振り返る。この本の中核的なパート。第3章 ~対談 井上武×相田義人~日本を代表するナイフ作家の一人にして、最初期にナイフ制作を始めた相田義人氏と井上武氏が、70~80年代を振り返りつつ、『カスタムナイフとは』を語り合う。第4章 ~東京ナイフの系譜を受け継ぎし者たち~東京には昭和初期からカスタムナイフに準ずるナイフを作り出す職人たちがいた。彼らの足跡を振り返りつつ、70年代後半に、井上からのアドバイスをもとに純正カスタムナイフを作り出した藤本保廣氏とその後継者、鹿山利明氏にスポットを当てる。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

ホビージャパンのおすすめ本

スポーツ・アウトドアのおすすめ本