マスクをするなら「声筋」を鍛えなさい

マスクをするなら「声筋」を鍛えなさい

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

「発声」が制限される現代、からだに忍び寄る「見えないトラブル」とそのリスクとは?コロナ禍で見過ごされがちな「声の老け」。それは声にとどまらず、身体全体にも影響を及ぼす重大な問題だった!マスクとディスタンスがもたらす、「見えない不調」について専門家が、予防法と対応策についてわかりやすく答える。* * *なぜ、コロナ回避の対処法が、ジャブとして襲いかかってくるのでしょうか。そして、コロナ回避の対処法に潜む、思わぬリスクとは何なのでしょうか。コロナ回避の対処法を行うことで、わたしたちは前代未聞の「声を出さない」日々を過ごしているということになります。どのような筋肉も使わないと衰えます(略)本来、生命を守るはたらきをしている声筋が、数年後に「サイレントキラー」として負の注目をされないために、いまジャブによるリスクと、回避する術を伝え、多くの面で予防が可能だという認識を広めなくてはならないのです。――(本書より)目次はじめにイントロダクション:声筋が衰えると生じる3つの大きなリスクこれらのリスクは他人事ではない!誤嚥性の肺炎・死亡が増えるリスクも声のトラブルから職場で配置転換になることも居場所を失って、心身が急激に弱るリスクも第1章 コロナは声筋に何をした!?軽く見てはいけないコロナのジャブデータに明らかな「発声障害」増コミュニケーションの量と質、そして意欲も低下するコロナのジャブの影響が出やすい人は?コロナの後遺症などパンデミックの直接的な影響第2章 生命を守る声を出そう!声筋コンディションをチェックしてみよう朝・昼・夜、どうやって声を出す?これだけは絶対NG! 覚書性差に基づく声筋ケアのポイント第3章 声筋はどう「生命と関わる」のか声筋が人類を繁栄させ、QOLを変えてきた第4章 プロもやっている声筋ケア法声筋は絶対に裏切らない

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

晶文社のおすすめ本

暮らし・健康・子育てのおすすめ本