改訂版 中学公民が面白いほどわかる本

改訂版 中学公民が面白いほどわかる本

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。基礎から発展まで、納得できる充実の解説で、「わかる」爽快感を君に!雲が晴れるように理解が進む、信頼のロングセラーの改訂版がついに登場。中学校で学習する公民を、“しくみ”や“つながり”をとらえながら、どんどん読み進められる1冊。自分を取り巻く社会の“ヒト・モノ・システム”を理解することで、公民を自分事として学ぶことができます。定期テスト対策から、高校入試の基礎がためまで。2021年の新課程にも対応。【本書の特長】国や政治、法律などのシステムを、ただ暗記するのは退屈。この本では、単なる丸暗記ではなく自分の生活が日本の社会や世界全体とかかわっていることを知りながら、ヒト、モノ、システムについて理解していきます。各章のはじめの「この章のポイント!」でザックリ重要事項をつかみ、授業を受けているような、わかりやすくイメージしやすい「解説」で、公民の学習内容がシッカリ頭にしみこむでしょう!【目次】<第1部 生活編>・第1章 現代社会の特徴・第2章 生活と文化・第3章 現代社会での物事の見方や考え方<第2部 憲法編>・第4章 人権と日本国憲法・第5章 人権と共生社会・第6章 これからの人権保障<第3部 政治編>・第7章 現代の民主政治・第8章 政治の仕組み・第9章 地方自治<第4部 経済編>・第10章 消費生活と経済・第11章 生産と労働・第12章 市場経済と金融・第13章 政府の役割と国民の福祉・第14章 これからの経済と社会他※本電子書籍には、紙書籍に付属している赤色チェックシートは含まれておりません。※本書は2017年に小社から刊行された『中学公民が面白いほどわかる本』を改題の上、再編集したものです。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

KADOKAWAのおすすめ本

言語・語学・辞典のおすすめ本