善悪の彼方に~看護学生あずみの事件簿~

善悪の彼方に~看護学生あずみの事件簿~

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

愛情、後悔、そして謎――。火事のあった日のいきさつはこうだ。その日、真琴の父、櫻井良一は仕事が休みの日ではあったが、午後から急ぎの用事があると言って会社に出掛けた。夕方五時頃、仕事を終えたところで、これから実家に寄って帰るつもりだと妻に連絡を入れている。(中略)しかし鑑識の結果、明らかに火元は居間のストーブの火の不始末が原因とわかった。消したつもりのストーブにカーテンの一部が燃え移って全焼したのだ。(本文より)事故なのか?放火なのか?空白の四時間と三件の火災の謎を解明すべく看護学生・篠原あずみの推理が始まる。【目次】1 はじまりの火事2 そして二軒目……3 課題4 行方不明5 ふたたび現場へ6 病院バイト 7 逮捕者8 空白の四時間9 故意と過失10 ライターの持ち主11 放火犯12 善悪の彼方に【著者紹介】〈著者紹介〉叶浦みのり(かのうらみのり)コロナ禍で小説を書き始める。趣味は偏った読書。好きな作家は松本清張。

商品情報

シリーズ

全2冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

幻冬舎メディアコンサルティングのおすすめ本

ミステリー・サスペンスのおすすめ本