DATA is BOSS 収益が上がり続けるデータドリブン経営入門

DATA is BOSS 収益が上がり続けるデータドリブン経営入門

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

さらば勘と経験!データドリブンで急成長を実現したノウハウを公開。★変えたことはたった一つ。データドリブン経営に舵をきり、売上右肩上がりの急成長。「一休.com」では具体的に何が行われていたのか?本邦初公開!★「思い込み」で意思決定する前に、徹底的にデータと向き合ったと自信を持って言えますか? データに素直に従った方が正しくありませんか?★データドリブンはビジネスの話。データ分析はあくまで手段で、分析結果を役立てて業績向上につなげることが最重要。★「Consumer is Boss(顧客がボスである)」はビジネスにおける普遍の法則。ただ、顧客データがあふれる現在においては「DATA is BOSS(データがボスである)」に変わってませんか?数字やデータの扱いが苦手でも、本書を通してエンジニアやデータサイエンティストに、やりたいことを適切に伝えるエッセンスを習得できるため、データドリブン経営への第一歩が踏み出せる!対象読者・データドリブン経営を実行したい経営層・従来型の経験に頼りがちな文系の経営・マネジメント層・データに基づいた意思決定に関心が高い、次世代を担うビジネスパーソン・ビジネス部門の思考を理解したい、エンジニア・データサイエンティスト●目次概要はじめに 「DATA is BOSS」の意味序章 まず知ってほしい「データドリブンは、ビジネスの話」第1章 データを制するものがビジネスを制す第2章 「掛け声だけ」で終わっている日本型データドリブン第3章 データドリブン経営の本質第4章 データドリブン経営の実装第5章 データドリブン施策の具体例おわりに AIの進化が何をもたらすか読者特典 顧客行動の見える化レポート10選■著者:榊󠄀淳 株式会社一休 代表取締役社長。慶應義塾大学大学院理工学研究科修了後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)にて金融工学を駆使したトレーディング業務に従事。2003年に米国スタンフォード大学院のサイエンティフィック・コンピューティング学科修士課程を修了後、約10年間コンサルタントとして活躍。2013年、株式会社一休へ入社し、2016年には代表取締役社長に就任。2023年からはLINEヤフー株式会社 執行役員 コマースカンパニー トラベル統括本部長も務める。ほかにも、「国際医療ボランティア団体」特定非営利活動法人ジャパンハート 理事や株式会社じげん 社外取締役を務める。※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

翔泳社のおすすめ本

ビジネス・経済のおすすめ本