道長ものがたり 「我が世の望月」とは何だったのか――

道長ものがたり 「我が世の望月」とは何だったのか――

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

藤原家の三男に過ぎなかった道長は、なぜ摂政に昇りつめ栄華を極めるにいたったのか。貴種の妻を求めた人生の戦略、呪詛におびえる臆病さ、正妻と紫式部との同居による悶着……一人の生活者であった道長は誰を恐れ、誰を愛したのか。その人生、心の動きをたどる。

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

朝日新聞出版のおすすめ本

歴史・地理・民俗のおすすめ本