大杉栄評論・随筆集

大杉栄評論・随筆集

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

明治・大正期日本の社会主義・無政府主義運動を主導し、甘粕事件により伊藤野枝らとともに軍部に虐殺された大杉栄。近年再評価が進むその思想・評論を集成。■目次僕は精神が好きだ奴隷根性論何が新しいんだい遺言新しい女新秩序の創造新しき世界の為めの新しき芸術石川、山口両君の入獄お別れ鎖工場征服の事実生の拡充男女関係について四つの道徳革命の研究(翻訳)共産食堂(翻訳)青年に訴う(翻訳)

商品情報

シリーズ

全1冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

千歳出版のおすすめ本

エッセイ・随筆・紀行のおすすめ本