転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~ 14巻

転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~ 14巻

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

【勇者】の願いは世代を超えて、今ひとつに集約する――【神の声】により【箱庭】(異界)に閉じ込められてしまった俺(イルシア)は仲間のアロとトレントと共に脱出する術を探す中で前世代の勇者ミーアと出会った。【神の声】と戦った経験をもつ強力な味方を手に入れた俺は、【箱庭】から出るために【天穿つ塔】を守る【ランクL】(伝説級)の魔物ヘカトンケイルに挑む。守りに特化した超耐久型の相手に苦戦する中、次第に相手の意思が俺に流れ込んできた。『マダ、倒レルワケニハ……! 最後ノ使命ヲ、果タスマデハ!』執拗に俺を標的にするヘカトンケイルを見てあることに気づき俺は最後に一対一でヘカトンケイルに向き合い、そして打ち倒した。ヘカトンケイルもまた、【神の声】によって異界送りにされたいつかの勇者であり新世代の勇者に【神の声】を倒す力をつけさせるため、試練として立ちはだかっていたのだ。ヘカトンケイルの想いを受け継ぎ、【神の声】へ向き合う気持ちを新たにした俺。しかし、【天穿つ塔】を登ろうとしたところで突如鋭い攻撃を受ける。「フフ……ここからが、本当の戦いだ」それは【神の声】を倒すという同じ目的をもって協力してきたはずのミーアだった。元勇者であり元魔王でもある文字通り“過去最強”の相手、最後の【神聖スキル】をもつミーアの刃が俺に襲い掛かる――。書き下ろしストーリー「ミーアとの対話」を収録!

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート