中央公論2022年1月号

中央公論2022年1月号

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。== 特集 ==謀略と昭和史――戦前日本で蠢いたもの◆昭和の弱点、令和の課題日本のインテリジェンスの過去と現在▼小谷 賢◆特務機関とは何だったのか情報収集と工作を担った彼らの蹉跌▼前田啓介◆近代日本の謀略と機密費▼小山俊樹◆知られざる関東軍の実像▼及川琢英◆満洲事変と十月事件昭和史ダークサイドの淵源として▼福家崇洋◆大正・昭和初期の陸軍と大衆・社会総力戦時代の到来から娯楽を介した軍民接近へ▼藤田 俊◆戦時諜報活動と翻訳が交わる時日本海軍「甲事件」「乙事件」と米日系二世語学兵▼武田珂代子◆宗教弾圧と「聖戦」殉教ロマンを超えて▼永岡 崇========= 特集 ==自公の正念場 野党の修羅場◆〔対談〕衆院選の総括と求められる国会改革「聞く」岸田首相は参院選後に動き出す▼大島理森×松井孝治◆〔対談〕国民は「混乱」を避け「安定」を求めた公明党が「勝ち」共産党が「負けた」理由▼山口那津男×佐藤 優◆〔対談〕消極的支持で躍進した日本維新の会▼砂原庸介×善教将大◆「野党共闘」の功と罪スタートに立つだけで精一杯だった立憲民主党▼山本健太郎◆キシダノミクスが目指すべき道「新しい資本主義」とこれからの経済政策▼井上智洋◆熱気なき総選挙と日本政治の屈曲点▼飯尾 潤=======〔対談〕◆コラムニストとは何者か書き手に必要な資質とSNS時代の変化▼小田嶋 隆×オバタカズユキ/構成:清野由美◆世界的大ヒット「イカゲーム」を生んだ韓国のソフト・パワー▼権容奭◆「人は見た目が9 割」の誤解と真実▼竹内一郎◆内田光子、中村紘子から反田恭平、小林愛実までショパンコンクール日本人ピアニストの躍動▼高坂はる香新執筆陣【時評2022】●求められる野党のチェンジオブペース▼井上正也●暗号資産とリスクを取らないリスク▼坂井豊貴●GO Toトラベルと「コモンズ」▼小川さやか◆中国、ロシア、カザフスタン、キルギス……権威主義体制の変貌する統治手法▼東島雅昌《新連載》●現代中国と少数民族【第1回】ウイグル族はなぜ「悲劇」の民族になったのか▼安田峰俊《好評連載》●琉球切手クロニクル【第13回】大嶺政寛が描いた「失われた沖縄」▼与那原 恵●冒険の断章【第30回】冒険と芸術の共通点▼角幡唯介●炎上するまくら【第61回】芥川賞への第一歩▼立川吉笑●地図記号のひみつ【第20回】小中学生が考えた「老人ホーム」「風車」の記号▼今尾恵介《連載小説》●任俠楽団【第11回】▼今野 敏●馬上の星──小説 馬援伝 【第9回】▼宮城谷昌光※「南洋のエレアル」は休載します。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート