ナーゲルスマン流52の原則

ナーゲルスマン流52の原則

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

サッカーを変革する若き新世代監督の、常識に囚われない“フレキシブル"思考 “ミスのスポーツ"サッカーで勝ち続ける男の「偶然を必然に変えるルール」とは? ホッフェンハイムでのブンデスリーガ史上最年少デビューの衝撃から6年。 RBライプツィヒをクラブ初のCL 4強へと導き、そして2021年に就任したバイエルンでは悲願だった自身初のタイトルを獲得。 順調にキャリアを積み上げているユリアン・ナーゲルスマンは日々進化し続けるサッカー界においてなぜ若くして台頭し、そしてなぜ勝ち続けられるのか。 様々なシステムを使い分け結果を残すピッチでの戦いぶりに注目が集まりがちだが、それだけでは到底、彼の本当の凄みは理解できない。 「ドリブル後のパスは、ドリブルで移動した距離より長くする」 「狭いポジショナルプレーで、中央をオーバーロードさせる」 「ビルドアップ時に3バックが角度をつけて立つ」 「1対1なしのボール奪取」 「目線でプレスをかける」といった といった“ナーゲルスマン語録"と呼ばれるピッチ内での独特なプレー原則の数々はもちろんのこと、優れたマネージメントや常に新しいものを吸収する感性に至るまで、どんな相手に対しても上回るアプローチを見つけ出し勝利を手繰り寄せる若き指揮官の“流儀"を徹底解剖。 サッカーに限らず、多様化する現代において“成功"を手にするために必要な思考法がここに詰まっている。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート