荘子の哲学

荘子の哲学

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

千葉雅也氏推薦!「中島先生の荘子がなければ、僕の哲学も文学もなかった。ここからすべてが始まったのです。衝撃的なこの「変化の哲学」を、皆さんにもぜひお読みいただきたい。」中国・日本はもちろん、これまであまり言及されてこなかった欧米圏での研究をも渉猟。「無為自然」や「万物斉同」といった概念に替え、自己および世界の変容を説く「物化」思想をその核心として取り出し、ドゥルーズら現代の西洋哲学と突き合わせることで、言語、道、他者、自由にかかわる荘子の思索を新たな相貌のもとに甦らせる。世界の哲学に通暁する著者がダイナミックに描く、新時代の標準たる驚くべき読解の書![本書の内容]プロローグ■第1部 書物の旅路 『荘子』古今東西第一章 『荘子』の系譜学第二章 中国思想史における『荘子』読解――近代以前第三章 近代中国哲学と『荘子』――胡適と馮友蘭第四章 欧米における『荘子』読解■第2部 作品世界を読む 物化の核心をめぐって第一章 『荘子』の言語思想――共鳴するオラリテ第二章 道の聞き方――道は屎尿にあり第三章 物化と斉同――世界そのものの変容第四章 『荘子』と他者論――魚の楽しみの構造第五章 鶏となって時を告げよ――束縛からの解放エピローグ参考文献ガイド『荘子』篇名一覧学術文庫版へのあとがき

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート