官僚崩壊 どう立て直すのか

官僚崩壊 どう立て直すのか

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

日本にはかつてエリート官僚たちが政策立案をリードする時代があった。しかし「政治主導」によって「政」と「官」の関係は一変。官僚たちは権力を私物化した安倍・菅政権の「私兵」となってしまった。しかし本来の「政治主導」とは、国民から選挙で選ばれた政治家が政策立案を主導し、縦割り行政の弊害を打破していくためのものだったのではないのか――。文部科学省で事務次官を勤め上げた前川喜平、ゆとり教育を主導した寺脇研らが、かつての民主党政権と官僚の関係、政と官の関係が変質した原因、あるべき官僚の姿について徹底討論。日本再生の鍵は「官僚=国家の安全装置」にあった。【目次】第一章 混迷を極めた二〇年、失敗の源泉第二章 どうする? 日本の官僚制度第三章 官僚の本義特別鼎談 立憲民主党・福山哲郎×寺脇研×前川喜平放棄された「説明責任」を取り戻すためにインタビュー 茂木健一郎優れた官僚に活躍してもらうために日本にはかつてエリート官僚たちが政策立案をリードする時代があった。しかし「政治主導」によって「政」と「官」の関係は一変。官僚たちは権力を私物化した安倍・菅政権の「私兵」となってしまった。しかし本来の「政治主導」とは、国民から選挙で選ばれた政治家が政策立案を主導し、縦割り行政の弊害を打破していくためのものだったのではないのか――。文部科学省で事務次官を勤め上げた前川喜平、ゆとり教育を主導した寺脇研らが、かつての民主党政権と官僚の関係、政と官の関係が変質した原因、あるべき官僚の姿について徹底討論。日本再生の鍵は「官僚=国家の安全装置」にあった。【目次】第一章 混迷を極めた二〇年、失敗の源泉第二章 どうする? 日本の官僚制度第三章 官僚の本義特別鼎談 立憲民主党・福山哲郎×寺脇研×前川喜平放棄された「説明責任」を取り戻すためにインタビュー 茂木健一郎優れた官僚に活躍してもらうために

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート