用心棒と逃げた花嫁(4)

用心棒と逃げた花嫁(4)

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

用心棒をかって出た不敵な旅商人×政略結婚から逃げ出した麗しの皇子第三皇子が嫁ぐらしい。ついで耳に入ってきた大国の名に、旅商人・サイの頭には、好色家で有名な国王の顔が浮かんだ。政治の道具にされたのであろう、哀れな皇子。その不憫さに少しだけ思いを馳せていた時、頭上から、「退け!」と焦った声が降ってきた。―――美しい、その人と共に。聞かずとも身なりから正体は知れた。気づかないふりで色々と聞いたのは、この皇子が一体何を思い逃げ出したのか、興味が湧いたからだった。切々とした思いに同情したわけじゃない。しかし気づけば、言葉は口からこぼれていた。「俺がこの国から逃がしてやる」頭の切れる従者が見ていたならば、きっとこう言っただろう。「それを一目惚れというのです」…と。定められた道にあがき求め合う、運命の逃避行BL!

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート