神狩 1〈下〉 英霊殲滅戦線

神狩 1〈下〉 英霊殲滅戦線

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

「稀人は神だ。しかし、よくない神だ。お帰り願おう――それが、神逐(かんやらい)さ」その日、政府転覆をもくろむ由井正雪(ゆいしょうせつ)の企てが現実のものとなった。大火に包まれた穢土(えど)には禍津神(まがつかみ)があふれ、そして割れた空からは護国の稀人が襲来。禍津神(まがつかみ)を狩る「神狩(カガリ)」を生業とする征十郎(せいじゅうろう)は、これを殲滅せんと己に秘められた絶大なる力を開放する――。そしてかの弓の名手・与一(よいち)、稀代の陰陽師・土御門各務(つちみかどかがみ)とともに戦い続ける征十郎(せいじゅうろう)の前に、正雪が現れるのであった……。「八百万もいるんだ、ひとりぐらい増えたって誰も困らないだろうよ」安井健太郎が綴る新伝奇バトルファンタジー。第1巻後編。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート