あの人が自分らしい写真を撮れる理由

あの人が自分らしい写真を撮れる理由

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。オリジナリティーは、「自分以外の人」が教えてくれるのかもしれない。写真の“自分らしさ"って、どうやって見つけるの? 真似するだけじゃうまくならないの? 美容師、和食料理人、バリスタ、珈琲焙煎士など異色の経歴を経てフォトグラファーになった著者が語る、自分らしい写真表現の「芯」を手に入れるための、写真表現・活動のヒント集。<本書より一部抜粋>・「とある誰か」をイメージして写真を撮る・嫌いなものを排除していく・自分らしさは、環境や仕事、生き方の中に潜んでいる・色彩感覚の引き出しを増やす・美しさやカッコよさの理由を考える・自分に合わないものを知る・真似して分解してみる・あえて好きじゃない写真も真似をしてみる・流行に流されてみることも必要・写真はその人の「あり方の理想」が写る・自分に合った学び方を知る・相手のことを知らないと配役はできない<構成>Prologue :Start ボクが写真を始めたこれだけの理由Part1 :Originality 自分らしい写真ってなんだろう? Part2 :Imitation 真似することからすべては始まるPart3 :Challenge 「やってみたい」を大切に。行動を起こして表現につなげるPart4 :Expression 写真を撮って「表現」するということPart5 :Skill up 感性を磨いたらスキルを上げていこうPart6 :Continue 写真を楽しく続けるための工夫

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート