知財戦略のススメ コモディティ化する時代に競争優位を築く

知財戦略のススメ コモディティ化する時代に競争優位を築く

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

「ビジネスに知財戦略」という武器を必要とする、全ての方に贈る本。大人気小説・ドラマ『下町ロケット』に登場する神谷弁護士のモデルとなった「技術系弁護士」と、知財業界の将来を担う新進気鋭の「知財会計コンサルタント」が、ビジネスパーソンのために、最新事例を豊富に取り入れながら、知財のセオリー・活用法をわかりやすく解説します。‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐「はじめに」から抜粋知財は企業にとって経営資産であると同時に、知財を昇華させた特許権や著作権といった権利は、法によって作られた人工物でもある。「法律の深い理解なくして、事業戦略に組み込むことはできないのではないか」という知財、知財権に対する堅いイメージが、多くのビジネスパーソンがそれを願ってきたにもかかわらず、知財を付加価値として製品に組み込み、これを競争力の源泉とすることを阻害してきた。本書はそのような「知財の壁」を取り払い、より一層、知財をビジネスに活用していただくことを旨として企画された、いわばビジネスパーソンのための知財戦略読本である。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート