e-World Premium 迫る台湾総統選 2023年10月号

e-World Premium 迫る台湾総統選 2023年10月号

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。迫る台湾総統選「e-World Premium」10月号の特集は「迫る台湾総統選」。選挙結果は中台関係などに大きな影響を与える。Contents【特集】迫る台湾総統選・野党連合はなぜまとまらないのか 台湾総統選、与党候補がリード|福田 円・法政大学教授・中国向け輸出に懸念 台湾経済、半導体も不安|真壁 昭夫・多摩大学特別招聘教授・台湾総統選の候補者たち(写真特集)・台湾民主化以降の歴代総統(写真特集)【In sight】真っ赤に咲き乱れる彼岸花|松谷 稔・フォトグラファー【米国】米国政治の分断を反映 ウクライナ支援訴えたバイデン国連演説|渡部 恒雄・笹川平和財団上席研究員【欧州】増加する欧州への難民流入 EUを揺るがす宿痾|渡邊 啓貴・帝京大学法学部教授【Middle East】ワグネルの活動、他の民間軍事会社が継承か アフリカや中東の統治能力欠如が背景に|池滝 和秀・中東ジャーナリスト【ベトナム】米と連携強化も「均衡」忘れず 対外関係の基本方針は不変─ベトナム|冨田 共和・時事通信社前ハノイ支局長【国内政治】「保身」狙いの外相交代|山田 惠資・時事通信社解説委員【国際ジャーナリズムの原点】中国にないインドの切り札 10億部のジャーナリズム|杉山 文彦・時事通信社解説委員【Geo economy】世界に米に、忍び寄る債務リスク 保守ポピュリズムの主張にも「三分以上の理」|高岡 秀一郎・時事通信社ワシントン特派員【国旗探究】トルコ由来のイスラム教国で使われる「三日月」|吹浦 忠正・世界の国旗・国歌研究協会共同代表【食と外交】G20で存在感誇示 グローバルサウス盟主として振る舞うインド|西川 恵・毎日新聞社客員編集委員【国別好感度調査】インド「重要」25% 9年ぶり高水準|木村 光子・時事通信社外信部記者

商品情報

シリーズ

全121冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

時事通信社のおすすめ本

ビジネス・総合雑誌のおすすめ本