おはなしゲゲゲの鬼太郎 ぶるぶる 貧乏神 座敷わらし

おはなしゲゲゲの鬼太郎 ぶるぶる 貧乏神 座敷わらし

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。1 漆黒の冷気、妖怪ぶるぶる2 貧乏神と座敷童の2話収録。1 漆黒の冷気、妖怪ぶるぶる蒼馬、大翔、裕太、そして父親の裕一と一緒にキャンプにやって来たまな。蒼馬と大翔の悪ふざけにうんざりしつつも、まなは休日を楽しむ。しかしその夜、裕一が忽然と姿を消した。彼を探しに向かった蒼馬と大翔も何者かに襲われ、連れ去られてしまう。2 貧乏神と座敷童始業式の帰りに、お腹の空いたまなは、両親が喫茶店を経営しているという友人・綾の家に遊びに行く。喫茶店に通されるが、客の姿は全くない。しかしまなは、店に居座る貧乏神を見つけてしまう。初めは信じなかった綾も、姿が見えた途端に貧乏神を退治してほしいと鬼太郎に頼む。貧乏神は、自分がいるおかげでこの家の平和が保たれていると主張するが、綾は聞く耳をもたない。さらに、貧乏神に出て行くように詰め寄る。貧乏神が去った後、綾は街で不思議な子供に出会う。果たしてその正体とは?そして貧乏神の言葉の真意とは?●ゲゲゲの鬼太郎「第6期アニメシリーズ」が、待望のアニメ絵本になりました! アニメシリーズの中でも、小学生から大人まで、「お話がとくに面白い!」と大好評だったのが、この「第6期」シリーズです。●全ページにアニメーションがふんだんに掲載されています。すべての漢字にルビがふられるので、小さなお子さんでも楽しく読むことができます。対象年齢は小学1年生以上です。●迷惑ユーチューバーや、ブラック企業問題など、社会問題をあつかった深い物語を楽しめるだけなく、「見えている世界がすべてじゃない」というテーマにそった妖怪の多様性に触れられるシリーズです。●それぞれのお話の巻末には<妖怪ずかん>を掲載し、妖怪の能力について知ることができます。●2023年秋、新作映画「鬼太郎誕生ゲゲゲの謎」公開決定!2023年は「水木しげる生誕100周年」にあたります。まさにこの年に、ぜひ、ごらんください!●シリーズは全部で5冊、刊行される予定です。●シリーズ刊行予定(すべて2023年)「おはなしゲゲゲの鬼太郎 のびあがり・見上げ入道」発売中「おはなしゲゲゲの鬼太郎 たんたん坊・山じじい」発売中「おはなしゲゲゲの鬼太郎 すねこすり・まくら返し・ゆめくりのすずの少女」発売中「おはなしゲゲゲの鬼太郎 たくろう火・雨ふり小僧・小豆あらい 小豆はかり 小豆ばばあ」9月刊行予定「おはなしゲゲゲの鬼太郎 ぶるぶる・貧乏神・座敷わらし」11月刊行予定

商品情報

シリーズ

全5冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

講談社のおすすめ本

趣味のおすすめ本