まんが一乗のほほえみ 第5巻

まんが一乗のほほえみ 第5巻

購入済み

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

人を救い、世を立て直す――。明治・大正・昭和・平成の時代、人びとが抱えた苦悩に真正面から向き合い、生きる喜び、いのちの尊さを説き続けた立正佼成会開祖 庭野日敬(にわの・にっきょう/1906-1999)。その半生を通じて折々に思い、行動し、追い求めた<大いなる道>とは。まんがでつづる庭野開祖の一代記です。【第5巻】戦後、大きく発展を遂げた立正交成会。その一方、大手報道機関によって事実無根の中傷キャンペーンが繰り返されるという“新たな試練”が起こります。やがて迎えたのは、開祖と車の両輪のごとく布教にまい進した脇祖・長沼妙佼の死でした。悲しみを乗り越え、世界平和実現のために歩き続ける庭野開祖。激動の半生を描いたまんが『一乗のほほえみ』いよいよフィナーレです。

商品情報

シリーズ

全5冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

佼成出版社のおすすめ本

青年マンガのおすすめ本