Tarzan(ターザン) 2023年6月22日号 No.858 [自律神経セルフケア]

Tarzan(ターザン) 2023年6月22日号 No.858 [自律神経セルフケア]

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。交感神経優位の慌ただしい現代、いま注目すべきは、リラックスの副交感神経。呼吸、背骨ケア、汗、ゆる活、笑い、で整える。交感神経と副交感神経のスイッチオンオフで整えられている、自律神経。実は、タイパ重視の現代の「急いだ生活」では、交感神経が働きっぱなし。マスクから解放されて、開放的な夏に向かう今こそ、副交感神経の役割が重要なのだ。リラックス神経とも言われ、ブレーキ役の副交感神経は、加齢とともに弱体化するとも言われている。そんな、いま自律神経を整える鍵、副交感神経にフィーチャーした特集。副交感神経からの自律神経の整え方を、呼吸、背骨リセット、汗、ゆる活、笑いの、大きく5つのアプローチで展開していく。呼吸は、安眠に誘う、集中力を高めるなど、目的別の深呼吸メソッドを、カラダの歪みを正す骨格コンディショニングは、朝・昼・夜のシーン別に紹介。また、交感神経を最適な状態に保つための上手な汗のかき方、太極拳やマンダラ塗り絵などのゆる活提案、笑って整えるエンタメコンテンツ集、と、今日から実践できるメソッドを具体的に解説していく。センター綴じ込み企画は、ハーブ&スパイスを使ったリラックス効果をもたらす料理提案を。ほかにも、季節の変わり目にやってくる気象病と自律神経の関係を紐解くページも。アクセルを踏みっぱなしの現代社会、休息のブレーキを上手にタイミングよくかけて、カラダとココロのコンディションを高めていこう。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

マガジンハウスのおすすめ本

男性ライフスタイル雑誌のおすすめ本

カート