CGWORLD 2022年3月号 vol.283 (特集:アニメ制作の現在と未来)

CGWORLD 2022年3月号 vol.283 (特集:アニメ制作の現在と未来)

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

3DCGをはじめとしたデジタルツールの進化を受け、アニメづくりにも世界的に大きな技術革新が起きている。今回の特集は「アニメ制作の現在と未来」と題し、日本の事例としてMAPPAが手がける『劇場版 呪術廻戦 0』、海外の事例としてソニー・ピクチャーズの『ミッチェル家とマシンの反乱』、さらにSIGGRAPH Asia 2021セッション「アニメづくりのR&D 現状と今後」を取り上げ、アニメ制作の現在と未来について考察していく。『劇場版 呪術廻戦 0』では、CGと作画の融合というビジョンを掲げ多くの人気作品を手がけるMAPPAに直撃し、3Dによる呪霊やBG、撮影にいたるまで、CGと作画の境界を超えた画づくりの真髄にせまる。『ミッチェル家とマシンの反乱』では、若杉新編集長が所属するソニー・ピクチャーズ・イメージワークスの4人のCGアニメーター陣に、海外ならではのワークフローやアニメーション技術、制作時の裏話などについて語ってもらった。 そのほか、2021年のお盆に公開されて話題を呼んだmillennium paradeの楽曲『Bon Dance』のMV、人気声優アーティスト・花澤香菜「Moonlight Magic」MVなどのメイキング、SIGGRAPH Asia 2021レポート、「真・女神転生」シリーズの最新ゲームタイトル『真・女神転生V』、東映と松竹が初めてタッグを組んだ映画『大怪獣のあとしまつ』など、注目作品のメイキングやTIPS、連載陣も大充実!

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート