聖地会議 VOL.27 アニメツーリズム協会が担う役割

聖地会議 VOL.27 アニメツーリズム協会が担う役割

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。アニメ聖地巡礼がブームになって10年以上が経ちました。アニメ聖地巡礼という現象が大きくなるにつれて、多くの企業や組織、個人が関わってきました。もっとも存在感のある組織が一般社団法人アニメツーリズム協会です。会長は『機動戦士ガンダム』の監督として知られている富野由悠季氏。理事長はKADOKAWA会長の角川歴彦氏。そして、一般社団法人日本動画協会、東京海上日動火災保険株式会社、株式会社JTB、成田国際空港株式会社、日本航空株式会社、WILLER株式会社、株式会社やまとごころが名を連ねます。 ふしぎでした。 ブームにはなっているものの、たとえば聖地巡礼ビジネスは数億円のアニメ制作費を賄うほどの規模感はまだありません。また、聖地巡礼には運の要素が強く、安定したビジネス展開は見込めません。聖地会議シリーズの目的はそうした不安定な聖地巡礼現象を紐解くことにある、としているものの、僕自身、わかってきたようなわからないような、という曖昧さのなかにいます。 一般社団法人アニメツーリズム協会はアニメ聖地巡礼にどのような未来を見ているのか。 聖地会議27は、一般社団法人アニメツーリズム協会の事務局長寺谷さんとの対談です。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート