DEAR BOYS ACT4(12)

DEAR BOYS ACT4(12)

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

神奈川県ナンバーワンとの呼び声が高い名門・湘南大相模高校バスケ部。インターハイ神奈川県予選・決勝リーグを勝ち進むも、本戦3回戦で宿敵・瑞穂高校に敗れてしまう。 時は流れ、キャプテンを引き継いだエース・布施歩。新入部員と共に全国へ動き出す中、PG(ポイントガード)の3年・柳本が怪我で離脱してしまう。空白のPGはレギュラー争いの結果、2年・青山と1年・柏木の“2人体制”に決定。さらに1年・森もメンバーに選ばれるのだった。 そして、迎えたインターハイ神奈川県予選大会。第2シード・湘南大相模は順当に勝ち進み、決勝リーグ進出を果たす。4校による決勝リーグ初戦は、湘南大相模が真崎中央を破り、一方、瑞穂は横浜学園を下し、両校の対戦がついに実現する。  試合は第2Q(クォーター)、4回目のF(ファール)となった小原と交代した柏木が連続3P(スリーポイント)を入れるも、瑞穂の9点リードで前半が終わる。第3Q、榎本のディープスリーと森の“弱点”を突かれ、14点差に! 布施の3Pプレイも破られ、窮地の湘南大相模に打つ手は!?

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート