【グラビア文学館】澄田綾乃×小泉八雲「雪女」 週刊現代デジタル写真集

購入済み

シリーズ

全1冊

作品情報

今をときめく美女たちが、名作文学に挑むグラビアシリーズ。今回のテーマは、日本で古くから伝わる昔話。ドラマ『不適切にもほどがある!』にも出演して話題を呼んだ澄田綾乃が、“美しい妖怪”に変身しました。【100ページ超!大ボリュームの写真集の中身】・白装束の下に隠された、美しく、妖しい「メリハリボディー」・撮影スタッフも驚愕!「こんな雪女に遭遇したらメロメロになること間違いなし」・雪女が「人間」に変身した姿をイメージした、「着物姿」も・古風な屋敷、畳の上で繰り広げられる物語。レトロな下着と、雪のように白い肌・『週刊現代』ではページ数の都合で泣く泣くカットした、特別な衣装も!もしも雪女が令和に転生したら…セクシーな「女教師」に!?【撮影の感想】「今回、より雪女のイメージに近づくためカラーコンタクトしたり、全身にトーンアップクリームを塗って色白に見せたりする演出をしていただき、普段の撮影では出来ない初めての経験でしたので、どんな仕上がりになるのかワクワクしていました!みなさんから『イメージに合ってる!』と褒めていただいたので、調子にのって雪女になりきっていました(笑)」【小説のあらすじ】ある大吹雪の夜、木こりの巳之吉は「不思議な体験」をする。目を覚ますと、隣に寝ていた茂作の傍に白装束の女がおり、白い息を吹きかけていたのだ。「今夜見たことを誰かに言ったら、あなたを殺します」そう言い残し“雪女”は消えてしまう。茂作の顔は凍りつき、息絶えていた。翌冬のある晩、巳之吉は家に帰る途中でお雪と知り合う。二人は恋に落ち結婚、十人の子供が生まれた。ところが巳之吉はつい雪女に遭った晩のことを話してしまう──。「それは私、私、私でした」と叫ぶお雪。巳之吉を殺すことはせず、子供を大事にするよう言い残し、輝く白い霞となって姿を消してしまった──。

作品をシェアする

同じ作者の本

講談社のおすすめ本

女性タレントのおすすめ本

チェックリストに追加しました
クリップボードにURLをコピーしました
カートに追加しました
お気に入りに登録しました
作者をフォローしました

ポイント詳細

  • 通常ポイント

    pt

    ご購入額に応じて、dポイントを還元いたします。還元するdポイント数はご購入代金100円(税抜)につき1ポイントです。

【dカードならさらにおトク!】

さらにdカードをご利用の場合、ご購入代金100円(税込)につき2ポイントを加算し還元いたします。

  • dポイントによるお支払いはポイント進呈の対象外となります。
  • 開催中のキャンペーンにより、還元されるdポイント数は変動いたします。
dカードのお申込みはこちら

お手数ですが、ログイン後に再度登録をお試しください