紅い牙 ブルー・ソネット ORIGINAL(サイン入り) 17

紅い牙 ブルー・ソネット ORIGINAL(サイン入り) 17

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

黄金期の「花とゆめ」(白泉社)を和田慎二とともに支えた巨匠・柴田昌弘の代表作であるSFファンタジー「赤い牙」シリーズの本編「ブルー・ソネット」!第17巻 【最終章 砂漠都市編 第2部】駿河湾深海でタランチュラが発見された。それを発見した調査船・光洋丸は、それを曳航し、浦賀に向かう。そして、その一部始終はTV放映され、公式にタランチュラとその陰の組織の存在が明るみに出た。ランたちはなんとかタランチュラとESPを通じた接触を図るも、タランチュラはタロン最高幹部の一人・サグに奪われてしまう。さらにサグは、ラン、バード、イワンたちに阿蘇山で最終決戦をしようと提案し、来なければタランチュラで東京を火の海に代えると脅すのだった…。果たして、ランたちの出した結論は…!?※「ブルー・ソネット」扉絵コレクションも併録今回柴田先生からサインをいただきましたので、表紙に特別掲載しました。先生に許可をいただいております。お楽しみください!初出:花とゆめ(白泉社)1986年2~5、7~9号

商品情報

シリーズ

全19冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

ゴマブックスのおすすめ本

青年マンガのおすすめ本