小説 野性時代 第235号 2023年6月号

小説 野性時代 第235号 2023年6月号

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

【新連載】増田俊也――七帝柔道記II 立てる我が部ぞ力あり大反響を呼んだ、汗と、涙、涙、涙の青春小説、待望の続編がついにスタート!【読切】貴志祐介――くさびらキノコの幻影が私の全てを包み込んでいく。奇想と哀愁の読切ホラーミステリ。【短期集中掲載】木下昌輝――剣、花に殉ず宮本武蔵、最強のライバル・雲林院弥四郎。彼の猛き生涯を描く――これが、剣豪エンタメの最新形!【連載】赤川次郎――余白の迷路秋山寛貴(ハナコ)――人前に立つのは苦手だけど伊岡瞬――清算 最終回今村翔吾――天弾垣根涼介――武田の金、毛利の銀河崎秋子――銀色のステイヤー新川帆立――目には目を中山七里――こちら空港警察真山仁――ロスト7 最終回【コラム】告白します――草森ゆき「怖い人ではありません」告白します――和田正雪「同じ顔の女」【記事】Book Review「物語は。」吉田大助――西加奈子『くもをさがす』

商品情報

シリーズ

全36冊

|

作品をシェアする

同じ作者の本

KADOKAWAのおすすめ本

小説一般のおすすめ本