Tarzan(ターザン) 2022年8月25日号 No.839 [夏こそ、代謝を上げよう!]

Tarzan(ターザン) 2022年8月25日号 No.839 [夏こそ、代謝を上げよう!]

通常

pt

dカード利用でさらにポイント+2%

対応端末

  • PCブラウザ

    PCブラウザ

  • Android(スマホ / タブレット)

    Android
    (スマホ /
    タブレット)

  • iPhone / iPad

    iPhone /
    iPad

新刊アプリ通知を受け取る

作品をシェアする

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※『筋肉吟遊詩人・岩本 照 裏切りの筋トレ・メソッド』の記事は掲載されておりません。※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。※本雑誌はカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。痩せ体質になる、自律神経が整う、免疫力が上がる、ぐっすり眠れる……、代謝アップで変わること「22」あります!意外や意外、冬よりも夏は基礎代謝が低くなりがちだって、ご存知でしたか。大汗をかく季節なのに、代謝が下がるって不思議な感じですが、これは事実。だから今こそ、代謝を意識して上げる(元に戻す)工夫を行わないと、カラダの不調を引き起こし、体重の増加も招いてしまうのです。そもそも、なぜ代謝を上げないといけないのか?痩せる以外にも、自律神経が整う、若々しくなる、疲れにくくなる、ぐっすりとよく眠れる、腸内環境が良くなる、免疫力が上がる……実に22にも及ぶメリットがあったのです。いいことだらけの代謝アップは、日常生活の些細な選択が関わってきます。目覚めの一杯は、冷たい水? 白湯? 朝のストレッチは、体幹? 上半身? ひと駅歩くなら、行き? 帰り? 息抜きに飲むなら、ソイラテ? アーモンドラテ? 仕事中の休憩は、30分おき? 60分おき? 夕食に食べなら、刺身? 焼き魚? バスタイムは、暗くする? 明るくする? 海の家で食べるなら、タコ焼き?イカ焼き?……そんな代謝アップの選択を、朝、昼、夜のシーン別にたくさん紹介します。センター綴じ込み企画では、代謝に関わるウェア、ギア、サプリをご紹介。後半では、楽しく続けられるエクササイズや、オリジナルスパイス、夏のカクテルといった食事や飲み物との関係にも。あなたの代謝をいますぐ活性化する一冊です。

商品情報

作品をシェアする

同じ作者の本

カート